ダイレクトマーケティングラボ オススメのお店紹介 ハンコ職人50年の匠が作る「高級手彫り仕上げ印鑑」
印材Q&A   印鑑書体カタログ   印鑑価格表    事例「印鑑トラブルの悲劇」 

ハンコ職人50年の匠が作る、坂上印房の手彫り仕上げ印鑑



技術の町東大阪でハンコ一筋50年!
坂上印房の「高級手彫り仕上げ印鑑」

技術の町、東大阪市で印鑑一筋50年のはんこ屋の店主(職人)が作った手彫り仕上げの高級印鑑です。


 「東大阪市のはんこ一筋50年のこだわり職人の店 坂上印房」
上記は東大阪市商工会議所HP内、商業ガイドマップSanSak(http://www.hocci.or.jp/)の掲載記事です。



坂上印房の手彫り仕上げ印鑑をお薦めする理由


最高品質の印材を使った手彫り仕上げ印鑑 は、どなたにも安心してお薦め出来る逸品です。手彫り仕上げですので、安い機械彫りのような同じ印鑑は二度と作れません。 世界にたった一つ、あなただけのオリジナルな印鑑 です。


複製可能な印鑑は大事な財産を失うという悲劇 にもつながりかねません。大切な実印や銀行印は長年の実績のある信頼できるお店で、腕の確かな職人が作るものを購入された方が良いと思います。 今回おすすめするこだわりの印鑑職人が作る印鑑は、
印鑑価格表 の通り、安売り印鑑に比べれば少し高いかもしれません。しかし、わずかの上乗せ価格で、複製されて大事な財産を失うというような最悪のトラブルを回避することができるのなら、安いものではないでしょうか。




また、印鑑は住宅や車の購入、会社設立など、人生の節目に無くてはならない大切なものです。 余程のことがない限り一生使い続けるわけですから、印鑑は生涯の伴侶のような存在とも言えます。そんな大切なものだからこそ、坂上印房では良質でオリジナルということにこだわります。



選び抜いた良質の印材を確かな職人の腕で仕上げた高級印鑑を、驚きの価格でご提供させていただきます。
詳しくは坂上印房までお問合せ下さい。   ⇒ 印鑑ご注文方法
*「ホームページを見た」とお伝えいただくと、お話がスムーズです。




地元を愛し、地元から愛され続けて50年!

坂上印房店主から、こだわりの仕事についてお聞きしました!

日本は欧米のようなサイン社会ではありませんので、昔に比べれば重要度が低下しつつあるとはいえ、まだまだ様々な場面で印鑑は必要です。
最近ではキャッシュカードで引き出せる現金額に制限が設けられているので、まとまった金額を引き出すにも印鑑が必要になります。


《印鑑の作成には3種類の方法があります》


ところで、印鑑の作成方法は下記の3種類に分かれます。

@ 字入れ (印材に彫る文字を墨で入れること)から仕上げまでを完全に手作業で行う手彫り印鑑
A 原稿作成は手作業で、粗彫りは機械で行い、仕上げを手作業で行う手彫り仕上げ印鑑
B 原稿作成から彫りまで、パソコンとそれに連動した機械で彫るパソコン機械彫り印鑑



それぞれのメリットとデメリットを挙げてみましょう。



@メリット

熟練した職人による完全な手作業のため、複製は不可能。印影に味わいがある。


@デメリット

作成に手間暇がかかるため、どうしても割高になる。

Aメリット

字入れと仕上げは熟練した職人の手作業のため、複製は不可能。@よりも作成時間を短縮できるため、単価を下げることができる。印影に手彫り印鑑と同様の味わいがある。

Aデメリット

Bのパソコンによる機械彫りのように短時間で大量に作ることはできない。
Bメリット

安価である。短時間で大量に作成できる。技術は必要ないので素人でも作ることができる。

Bデメリット

パソコンソフトによる原稿なので、複製可能である。印影に@やAのような味わいはない。







パソコン機械彫り印鑑の持つ危険性


最近多いのが、Bのパソコン機械彫りの印鑑です。
パソコンソフトの文字を組み合わせるだけで原稿ができるので、それをパソコンと接続している彫刻機で彫り上げます。これなら素人でも簡単に、そして短時間に大量に印鑑を作ることができます。仕上げさえする必要がないので、熟練した職人の技などはいらないのです。他の「ものづくり」の現場と同じく職人の高齢化が進行しつつある現在、この傾向はますます進むものと思われます。


安くて早いことを売り物にしている業者は、まずこのパソコン機械彫りだと思って間違いないでしょう。
(そのすべてがそうだとは断定しませんが。)
素人目には本当の手彫りなのかパソコン機械彫りなのか、並べて見比べないとわかりません。
また、同じ印材でも品質にはピンからキリまであり、安いものは安いなりの印材しか使っていないと考えるのが妥当でしょう。


そして、パソコン機械彫り印鑑は複製が可能なので、実印や銀行印といった大事な印鑑に使用するのは大変危険だということが言えます。同じパソコンソフトを使っている業者なら、他の店で全く同じ印鑑を作ることだってできてしまうのですから。



「それでも安ければ良いんだ」という方には、

坂上印房のハンコはお薦めしません。






印鑑一筋50年、坂上店主のこだわりの仕事



坂上印房では、現在はAの手彫り仕上げという方法で印鑑を作成しています。

というのも、@の完全手彫り印鑑の場合はどうしても作成に時間がかかりますし、それだけ割高になってお客様のニーズに応えることができにくいからだそうです。
手書きで原稿を作成して彫刻機で粗彫りし、最後の微細な仕上げは手作業で行います。
粗彫りした印面の文字の太さや形を修正しながら仕上げるので、複製はもちろんできません。 機械ではなく人間のすることですから、同じ物を作ろうとしても不可能です。


また、坂上印房では一本一本吟味した最高級の印材しか使いません。
店主のキャリア50年の職人としてのこだわりがここにもあります。


たとえば同じ黒水牛の印材でも一山いくらというような安値で取引される物もありますが、そんな安物は芯が入っていないものが多く、ヒビが入りやすいので印材としては適当なものではないそうです。でも、素人の目にはそんな印材の良し悪しまではわかりません。
多くの人にとって実印や銀行印は一生に一度きりの買い物です。その大切な印鑑を、ただ安いというだけで購入するのは危険ではないでしょうか。


本来、「ものづくり」というのはアナログなものです。

デジタルな時代にこういったアナログな物を持つのは一種の贅沢かもしれません。

しかし、アナログだからこそ長年の使用に耐えることができ、愛着も湧いてくるのだと言えます。

人間の手が生み出したアナログな物の持つ温かみを、どうか感じていただきたいと思います。

そして今、確かな技術を持った職人は、不況と高齢化によって減る一方です。

大阪では大手の印鑑店までが廃業を余儀なくされている時代です。

職人による手仕事は、これからもっと希少価値を持つものになっていくでしょう。



坂上印房は東大阪の地で50年に渡って営業してきました。 ですから、「20年前、30年前に作ってもらって良かったから」と今でもわざわざ遠いところから注文に来てくださるお客様も多いそうです。「そういう時には長年やってきてほんまに良かったなぁ、ありがたいなぁと思いますね。」と店主は言います。

そういうお客様がいらっしゃるからこそ、いい加減な仕事はできないというのが店主の本音だろうと思います。 それが職人としての誠意であり誇りではないでしょうか。




自分の財産を守る為に印鑑というものは存在します


そんな大事な印鑑は、本当に信頼できるお店で作るべきではないでしょうか。
簡単に複製できる印鑑を使用していると、いわれのない借金を背負う羽目になることだってあるのです。


こだわり職人のお店、坂上印房の魂を込めた印鑑は

あなたの大事な財産を一生涯守り続けます。




印材Q&A  印鑑書体カタログ  印鑑価格表

≫≫印鑑ご注文方法≪≪




印鑑はお祝いに最適な一生物の贈答品です!


右側のコラムにも書いていますが、ハンコはお子様の入学や卒業・就職・成人式や出産のお祝い・栄転祝いなどに最適のプレゼントです。
人生の節目を迎え、これから新しい道に進もうとする方に、真心のこもったハンドメイドの印鑑は、一生愛用してもらえるすばらしい贈り物になるでしょう。

〜大切な人の大切な記念日に 実用的な一生物のプレゼントを〜







印鑑ギフトという考え方

意外と知られていませんが、印鑑は入学や卒業、就職祝いなどにも最適な一生物の贈答品です。

特に出産祝いの場合は、お祝い金を入れたお子様名義の通帳に、お子様の名前を彫った印鑑を添えて贈ると大変喜ばれます。 良質の品物は、長い年月を経て初めてその良さや味わいを感じることができるものです。 印鑑は携帯電話や車の購入にも銀行口座を作るにも、誰にとっても必需品です。そして欠けたりなくしたりしない限り、作り直すことはまずありません。

印鑑は、それを贈ってくれた人の思い出とともに、永く愛用してもらえる最高の贈り物 なのです。 しかも、「本物の技術を持った職人のお店」で作るのが一番です。

なぜなら、パソコンによる機械彫りの安いハンコは簡単に複製できますが、職人の手仕事は決して真似ができないからです。 せっかく一生物の印鑑をプレゼントするのなら、50年の技術を持つ職人による貴重な手彫り仕上げ印鑑をお薦めします。



印鑑トラブル回避の為に!


印鑑トラブルを未然に防止するには、

@ 印鑑は信頼できるお店で作る。
A 手彫りか手彫り仕上げ印鑑を使用する。
B 印材は変形しない良質のものにする。
C 印鑑証明、実印、銀行印は同じ場所に置かないこと。

等に留意する必要があります。 尚、貸し金庫を利用する場合でも印鑑は必要になりますが、その際も複製できない手彫り仕上げ印鑑の使用をお薦めします。



印鑑に関するご質問

この他、印鑑に関する疑問やご質問、商品へのお問合せなどは、印鑑ご注文方法 からお願い致します。



坂上印房 
〒577-0809
東大阪市永和1丁目4 - 8
電話 06-6721-7128
最寄駅 河内永和駅(0.07km)