投稿者 : 犬山環 投稿日時: 2016-09-16 08:03:59 (143 ヒット)
トヨタ自動車は9月12日、愛知県豊田市の本社工場に太陽光発電と蓄電池、純水素型燃料電池コージェネレーション(熱電併給)システムを導入し、実証運転を開始したと発表した。同工場内に2016年8月に竣工したエネルギー管理棟に設置した。

 太陽光パネルは出力40kW、蓄電池の容量は10kWh、燃料電池は定格出力3.5kWとなる。太陽光発電は固定価格買取制度(FIT)を活用して売電せず、全量を自家消費し、余剰分を蓄電池に充電する。これらをエネルギー管理システム(EMS)で最適制御する。

 EMSによって、エネルギー管理棟のエネルギー需要を予測しつつ、需給制御を行う。燃料電池からの電力供給をベースとし、発電量の変動する太陽光発電と蓄電池を組み合わせることで、CO2排出の最少化を目指した運用を実証する。

 蓄電池は、「プリウス」に搭載していた使用済みのニッケル水素電池を再使用した。燃料電池システムは、東芝が小規模オフィス向けに開発したもので、商用として運用を開始した初の事例となる。水素をそのまま燃料とするため、その場ではCO2を発生せずに発電できるほか、短時間で稼働できる。発電電力とその過程で生成される温水は、エネルギー管理棟に供給され、空調などに使われる。

 水素は、外部から購入する。そのため、「水素製造時にCO2を排出しているかどうかは、購入先に依存する。将来的に、太陽光などの再生可能エネルギーを使って水を電気分解して製造することも検討課題になっている」(トヨタ自動車・広報部)という。

 トヨタ自動車は、2015年に「工場CO2ゼロチャレンジ」を公表し、工場から排出するCO2をゼロにする取り組みを進めている。今回、新たに建設したエネルギー管理棟では、省エネ対策と再生可能エネルギー、水素システムにより、CO2排出量ゼロを目指す。

 東芝は、燃料電池システムの供給に加え、設備の運転段階にも参加し、実運用に基づいた電気と熱のエネルギー需要の予測と最適運用の技術開発を担当する。


日経BPクリーンテック研究所 2016/09/14

投稿者 : 犬山環 投稿日時: 2016-09-15 12:25:32 (146 ヒット)
■呼出状を無視し続けると刑事事件に移行

結論からいえば、交通違反の反則切符を無視し続けていると、通常の刑事手続に移行し、最悪の場合、逮捕に至る可能性もあります。

■反則切符は軽微な交通違反処理が目的

そもそも、いわゆる反則切符の制度は、日常的に大量に発生する軽微な交通違反事件を、全て刑事事件として扱うと、警察署と検察庁の処理能力の限界を超えてしまうという観点から、1968年に導入されました。より人員を投入する必要がある窃盗や殺人などの一般刑法犯、その他の重大犯罪の取り締まり、刑事裁判手続に支障をきたすおそれが生じることがその背景にあります。

速度違反や駐停車違反など一定の軽微な交通違反行為については、反則金を納付した者は、刑事事件として扱わず、行政上の手続(反則金納付手続)だけで終結させ、捜査機関の処理の負担を軽減すると同時に、事実上罰金に近い反則金を納付させることで、道交法違反行為の抑止力も働かせることができます。

これがいわゆる反則切符と呼ばれるものです。

■交通違反も本来は犯罪行為だと認識を

反則切符制度により反則金納付で刑事手続が免除される軽微な交通違反行為も、本来は、道交法違反の犯罪行為であることに変わりありません。反則金の納付により、特別に刑事手続が免除になるにすぎないからです。

したがって、反則金の納付を放置し、再三の呼出状を無視している場合には、本来の原則に戻って、道交法違反の刑事事件として扱われることになります。そのため、罪証隠滅や逃亡のおそれなどがある場合には、違反内容によっては逮捕までされる可能性もあります。

はじめにご紹介したとおり、実際に逮捕状が執行されるケースも出ています。

反則金はあくまで本来道交法違反である行為について、反則金を収めた違反者については、例外的に刑事手続に進まないというだけですから、無視して済むような軽い手続ではありません。

まさか逮捕までされるとは思わなかった、という声もあるとは思いますが、反則金は決して軽い手続ではないので、違反行為自体を争いたいケースなどを除き、定められた期間までに、必ず納付しましょう。


2016年09月14日 07時00分 シェアしたくなる法律相談所より

投稿者 : 犬山環 投稿日時: 2016-09-15 12:20:40 (147 ヒット)
“ブラックバイト”で初の裁判

 学生が長時間労働などを強いられるいわゆる“ブラックバイト”で、初めての裁判が開かれました。原告の男子学生は、包丁で刺されるなどの暴力も受けたと訴えています。
 「殺してやっから。殺されたいんだろ、お前。ぶっ飛ばされたいんだろ」

 電話越しに浴びせられる暴言。これは、飲食店の店長がアルバイトをしていた男子学生にかけた電話の音声です。さらに、こちらは男子学生が着ていたという制服。店長が包丁で刺したものだと主張しています。

 「ここを包丁を逆手に持って刺されると」(ブラックバイトユニオン 板倉昇平さん)

 包丁で刺されて空いたという制服の穴。14日、この制服を着て飲食店「しゃぶしゃぶ温野菜」でアルバイトをしていた男子学生が、店の運営会社を相手取り、あわせて800万円あまりの損害賠償を求めた裁判の初公判が開かれました。

 男性はおととし5月からアルバイトとして働いていましたが、12月に辞職を申し出たところ、店長から暴言や包丁で刺されるなどの暴行を受けたということです。さらに、4か月間休みなく働かされ、賃金の一部が未払いだということです。

 「他にも被害に遭っているような学生とか、解決しやすいような環境にできればいいと」(アルバイトしていた男性)

 被告の運営会社「DWE Japan」は、「責任を持って対応したい。暴言や包丁で刺したなどの主張に対してのコメントは差し控えたい」としています。


2016年09月14日 19時38分 TBS

投稿者 : 犬山環 投稿日時: 2016-09-15 07:54:40 (136 ヒット)
週刊SPA!によと、これまで、「儲かる副業」をテーマにさまざまな手口を紹介してきた。サラリーマンでも実現可能な定番モノから時流に乗った一攫千金を目指せる手法まで。それらヤバい副業は“その後”どうなったのか。そこで、ヤバい副業の実践者たちを追跡調査しています。本日は、「太陽光発電」について紹介します。

◇◆想定以上の利回りながら売却を視野に贅沢な二択◆◇

今から約3年前、祖父が残した300坪の土地に出力50kwの太陽光発電システムを設置した小誌記者・0。その過程は’13年年末号に実録ルポとして掲載されたが、その後どうなったのか。Oに尋ねたところ「年間平均売電額は約224万円です」と、1770万円の総施工費に対し、年利12.6%を実現しているという。

「施工前に業者が出した想定年間売電額よりも2%ほど上回る値で、今のところボチボチといった感じですね。ただ、パネルの経年劣化により5年で発電量が2~3%低下すると言われていて、これからが正念場。初期投資の回収後にどれだけ発電を続けられるかがカギで、浮かれてられませんね」

 順調なら、約8年で初期投資額を回収。その後はシステムが稼働する限り、不労所得を生む計算になる。


「一番のリスクは、パネルメーカーが潰れること。不具合や故障の多い太陽光発電投資は、メーカーによる20年の修理保証がなければ成り立たない。売電価格が下がり続けるなか、ソーラーバブルが弾けたと言われていますし。あと、地震や台風の襲来に怯えるようになりましたね。特に今年は台風が多いじゃないですか!? 自然災害などによる破損などはたいていカバーされる損害保険に入っていますが、復旧までの発電ロスまでは担保されない。周囲の発電所が一気に損害を受け、交換部品やマンパワーの不足で復旧まで数か月かかれば、損害は甚大ですよ」

 Oは心穏やかな生活を取り戻すため、発電システムを丸ごと売却することも選択肢に入れている。

「太陽光発電投資には、転売してキャピタルゲインを得るという方法もあります。新規で設置した場合、10Kw以上の発電所で売電価格は24円/kWhです。3年前にイチ早く設置したおかげで、僕の発電所は売電価格が36円/kWhの17年間保障。今なら2000万円で転売できます。土地代を考えても600万円ほどの利益になりますが、このまま順調にいけば17年後には1500万円超は利益を生み出むわけで……正直、悩みどころです」

 目先の利益に走るか、長期的な収益を目指すか――。どちらを選択してもプラス収支とは、なんとも贅沢な悩みである。

日刊SPA!より

投稿者 : 犬山環 投稿日時: 2016-09-13 07:49:30 (135 ヒット)
LINEが9月5日、格安スマホサービス「LINEモバイル」の提供開始を発表した。LINEモバイルのWebサイトで同日14時に2万契約限定で先行受付をスタート。正式販売は10月1日を予定している。

同サービスは、LINEモバイルで購入した端末か、SIMフリーまたはドコモの端末であればSIMを差し替えることで利用可能。また他社端末からの乗り換え(MNP:ナンバーポータビリティ)にも対応しており、現在使用している電話番号を変えることなく利用することもできる。

LINEモバイルが最も注目を集めているのは、「特定のサービスの通信量はカウントされない」という点。用意されたプランは2つ。月額500円で、月1GBのデータ通信ができ、LINEの通話・トークが使い放題になる「LINEフリープラン」と、月額1110~2640円で3~10GBのデータ通信ができ、LINE、Twitter、Facebookが使い放題になる「コミュニケーションフリープラン」だ。

「LINEフリープラン」は以下の3つのサービスタイプ。

・データ通信のみ(月額500円)
・データ通信+SMS(月額620円)
・データ通信+SMS+音声通話(月額1200円)

「コミュニケーションフリープラン」は、

・データ通信+SMS(月額3GB/1100円、5GB/1640円、7GB/2300円、10GB/2640円)
・データ通信+SMS+音声通話(月額:上記金額に580円プラス)

という2つのサービスタイプから選択できる。

なお、通信量を使い切った場合、通信速度は200kbpsと制限がかかるが、LINEなど使い放題の対象となるサービスは高速通信のまま利用できるほか、通信量を追加購入することもできる。価格は0.5GBで500円、1GBで1000円、3GBで3000円。

キャリアの音声通話より、LINEなどのアプリのメッセージや無料電話を利用することの多いユーザーに狙いをつけた同サービス。LINE LIVEでも発表会の様子が生放送されていたが、反響は大きく、Twitterには早速、

「LINEモバイル500円~は思った以上に安い。一部のSNSヘビーユーザーには神SIMになりそう」
「LINEモバイル、使うとしたらコミュニケーションフリープランの3GB音声通話付きだなあ」
「通信量7GでSNSが使い放題で2300円は魅力。これでLINE MUSICも適応したらかなりいいな」

など、それぞれの使用状況にあわせ、プランを検討する声があがっている。ただし、

「コミュニケーションフリープランで月7GB、データ+SMS+音声通話で2,880円は特別安いわけじゃない。LINEフリープランでデータのみ月500円が安い」
「LINEモバイル微妙だなぁ。LINE通話を死ぬほど使う人はいいけど、そうじゃないし。コミュニケーションプランがTwitterフリーだけど、外部リンク非対応だし。Facebook使ってないし今回はパスかなぁ」

などと「500円プラン」は評価しつつも、それ以外は微妙という意見も少なくないようだ。そのほか、

「コミュニケーションフリーのプラン、Instagramも無料通信に含まれてたらなー」
「定額にFacebookがあってInstagramとwhatsappないからおっさん向けなのかな」

と、無料分にInstagramを追加してほしいという人も。

いずれにしろ、主なSNSサービスの通信量をカウントしない、というサービスは画期的。コミュニケーションツールが音声通話から変化していることを考えると、今後同様のサービスがLINEモバイルに追随する可能性はあるかもしれない。
(花賀 太)

【関連リンク】
■【公式サイト】LINEモバイル
http://mobile.line.me/
■「LINEモバイル」での検索結果 - Yahoo!検索(リアルタイム)
http://realtime.search.yahoo.co.jp/search?p=LINE%E3%83%A2%E3%83%90%E3%82%A4%E3%83%AB&ei=UTF-8


※コラムの内容は、R25スマホ情報局から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25スマホ情報局では図・表・写真付きのコラムを掲載しております。

2016年09月06日 11時39分 R25スマホ情報局

(1) 2 3 4 ... 7 »