道を究めた人は「自分ノート」に何を書いたか

投稿日時 2018-03-20 08:52:12 | カテゴリ: 経済

一流といわれる人たちの多くがノートをつけている(写真:AP/アフロ) オリンピックのフィギュアスケートで2連覇を果たした羽生結弦選手。彼がトップアスリートになれた要因はいろいろあると思いますが、私が注目しているのは彼が子どもの頃から書き続けているノートです。 羽生選手の「発明ノート」 彼はそれを「発明ノート」と名づけ、毎日の練習で気がついたこと、考えたこと、コーチに言われたこと、折々の気持ちや決意などを書いています。14歳のときにはジャンプの注意点として、「上体と肩を動かさない 左足を曲げる」と書いています。 詳細は下記サイト
道を究めた人は「自分ノート」に何を書いたか/東洋経済オンラインでご覧ください。




豊かな暮らし情報館 ~ Life Wisdom Club ~にて更に多くのニュース記事をよむことができます
http://soulnavi.com

このニュース記事が掲載されているURL:
http://soulnavi.com/modules/bulletin/index.php?page=article&storyid=36