メニュー
  • カテゴリ 販売促進関連 の最新配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

管理人雑記 - 努力の言葉の意味とマーケティング

努力の言葉の意味とマーケティング

カテゴリ : 
ビジネス日記 » 販売促進関連
執筆 : 
犬山環 2012/4/13 22:40

努力の努とは努めるともいいますね。

その「努(つと)める」というのは、「力を尽くしてあることをする」という意味です。

努力の「力」の意味は下記の通りです。


1 人や動物にもともと備わっている、自ら動き、または他の物を動かす働き。体力。「筋肉の―」「あらん限りの―を出して戦う」


2 物事をするときに助けとなるもの。助力。「先輩を杖とも―とも頼む」「金の―で政界に進出する」


3 ききめ。効果。効力。「彼の発言には大いに―がある」「薬の―でせきが止まる」


4 学問・技芸などの能力。力量。実力。「国語の―が不足だ」「まだ翻訳の―が足りない」「―のある選手」


5 影響力。権力。「親の―で就職する」「―の政治」


6 腕力。暴力。「―で事を解決する」「―に訴える」


7 気力。迫力。「―のある文章」「―なげに答える」「―が抜ける」


8 努力。骨折り。「―を尽くして平和に貢献する」「医師の―で全治した」「―を惜しむ」


9 資力。財力。「娘を大学にやる―がない」


 


この「努力」の意味をマーケティングの視点から考えてみると、「力を尽くして効果のあるマーケティング活動を行うこと」と解釈できるかと思います。

つまり、効果や成果を生み出さないようなマーケティングは努力していないのと同じことで、無駄以外の何ものでもないといえるのではないでしょうか。




方向違いのマーケティング方法にしがみつくことは無駄ですし、成果が上がらないものを努力とは呼べません。

マーケティングの手段や方向性について、常に見直しを図ることが必要ではないでしょうか。

 

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (1074)

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://soulnavi.com/modules/d3blog/tb.php/12
© 2001-2011 豊かな暮らし情報館 ~ Life Wisdom Club ~
健康・暮らし・ビジネス・安定収入に関する情報をご紹介! -