メニュー
  • カテゴリ 人生波乱愉悦万丈記 の最新配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

管理人雑記 - 人生波乱愉悦万丈とは?

人生波乱愉悦万丈とは?

カテゴリ : 
人生波乱愉悦万丈記
執筆 : 
犬山環 2012/2/28 23:00
今回は、当サイトのタイトルの「人生波乱愉悦万丈」についてお話したいと思います。
ご承知のことだとは思いますが、波乱万丈の波乱とは、
「(1)さわぎ。もめごと。ごたごた。また、争乱。 (2)単調でなく、変化のあること。(3)なみ。大小の波。」を意味しています。
波乱万丈の万丈とは、
「(1)非常に高いこと。また、非常に深いこと。(2)意気が盛んではげしいこと。」 を意味しています。
つまり、人生波乱万丈とは、もめごとやゴタゴタが多い、変化、起伏の激しい人生だと解釈することができると思います。



この言葉に愉悦が入るとこうなります。
あくまでも自分なりの解釈ですけれどね。
愉悦とは、「心から愉快に思って喜ぶこと。 」を意味します。
人生波乱万丈に愉悦が入り、人生波乱愉悦万丈になると、「人生にはさわぎやもめごと、ゴタゴタもたくさんあるけど、それを心から喜ぶことができれば、苦は心の肥やしになり、魂の極みに到達することができる。」と解釈できます。(かなり勝手な解釈ですけど。)



そうなんです。
苦を嘆いているだけでは、それはマイナスのキャリア、嫌な思い出でにしかなりませんが、それを魂の修行、学びだと考えて喜び楽しみ、愉快だと思える境地にまで達すると、自分の心や魂は磨き抜かれ光りの世界の住人になれるのだと思います。
自分の身に不幸な事態がやって来た時の辛さ、切なさ、悲しみは、私は誰よりもよくわかります。
でも、嘆いてばかりいても苦は去りませんし、むしろ苦はいつまでも自分に纏わりつきます。
心や魂は苦を通り越さないと磨かれません。
苦は自分の心や魂を磨ききった後は役目が終わり、自然に去っていくものなんですよ。
自分の人生に苦がやってきた時は、「私はいま、心と魂の勉強、修行をしているのだ。」と考えるようにしましょう。
そして、苦の中で喜びや愉しみ、学びを見つけていく努力をしていきましょう。
苦を愉悦して、我が魂を磨きあげましょう。
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (1006)

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://soulnavi.com/modules/d3blog/tb.php/26
参照元
エアジョーダン 52013/6/6 19:03
にありがとうございます。私は間違いなく、非常に長い時間を取得するために、メッセージのこれらのタイプを探してきました。ありがと......more
エアジョーダン 5
© 2001-2011 豊かな暮らし情報館 ~ Life Wisdom Club ~
健康・暮らし・ビジネス・安定収入に関する情報をご紹介! -